キープ・フラワー

キープ・フラワー

使い方はとても簡単

50倍に希釈して使用するだけ。
500mLの水に、キープ・フラワー10mL入れるだけです。
ボトルタイプならキャップが計量キャップになっているので、とても簡単にご利用頂けます。
・キャップの内側に10と20の目盛線があります。10⇒水500ml、20⇒水1ℓと混ぜます。
・水替えは不要です。
・水が減ってきたら、同様にキープ・フラワーを薄めた液を補充します。

切花を長持ちさせるためのワンポイントアドバイス

1.包装紙、ラッピングを早めにはずしましょう。包んだままにしておくと、お花が蒸れたり呼吸困難な状態になってしまいます。
2.花びんをキレイに洗いましょう。花びんをキレイに洗い清潔な花びんを使用します。花びんが汚れていると、水が腐りやすくなります。
3.キープ・フラワーを水で薄めて使いましょう。キープ・フラワーを適した水量で薄めます。3ml→水150ml、6ml→水300ml、10ml→水500ml、20ml→水1l
4.茎を斜めに切りましょう。花びんの大きさにあわせて、茎を鋭利なはさみで斜めに切ります。斜めに切ることで、水の吸水面が大きくなります。
5.余分な葉を取り、花びんに活けましょう。水に浸かる部分の葉を取り除き、花びんに活けます。葉が水に浸かると水が腐りやすくなります。
6.お花が心地よい場所に飾りましょう。エアコンの風や、直射日光が当たる場所は避け、なるべく涼しい場所に飾ります。
7.お花や葉が傷んできたら取り除きましょう。傷んだお花や葉は、他のお花に害を与えることがあります。取り除くことで、残ったお花もキレイに鑑賞することができます。
8.水が減ったらキープ・フラワーを薄めた液で補充しましょう。液が減ってきたら同様にキープ・フラワーを薄めた液を補充します。但し水が濁ったら新しく液を取り替えます。

キープ・フラワーは花のある豊かな暮らしを応援します

花びんの中のバクテリアの繁殖を抑え、切花に必要な栄養を補給します。

キープ・フラワーは、毎日の花びんの水替えの煩わしさを避け、花の美しさを最大限に引き出し長持ちさせることが出来ます。

1972年に発売以来、全国の生花店様、お花の好きな消費者の皆様にご愛用頂いているロングセラー商品です。

切花も大地に作お花のようにキレイに咲いて欲しい。 もっとお客様に寄り添う商品でありたい。 そんな願いをこめて、つぼみがよりキレイに咲きやすくなる機能も持たせました。

キープ・フラワーを通じて、ご家庭をはじめ日常の様々なシーンでお花の魅力を 知っていただきたいと願っています。

 

キープ・フラワー KeepFlower Flower Supplement