切花を長く楽しむには?

  1. お花はすぐに水揚げしましょう。

    乾燥状態が長いとお花は弱ってしまい、花持ちが悪くなります。

  2. 花瓶の内側は洗剤できれいに洗い、すすいだ後に花瓶の水と「キープ・フラワー」をよく混ぜて使いましょう。

    ・汚れた花瓶はバクテリアの巣窟になります。花瓶は常に清潔に保ちましょう。
    ・花瓶内の水が減ってきたら、同じ割合で薄めたキープ・フラワーの溶液を補充してください。

  3. お花の茎を切る時は清潔でよく切れる刃物を使い、斜めに切りましょう。

    斜めに切ることで切り口の面積が広くなり、水を吸収しやすくなります。

  4. 傷んだ花や葉は早めに取り除きましょう。

    傷んだ花や葉は切花の老化を促し、花に余分な負担をかけ、花の寿命を縮めます。

  5. お水に浸かる葉の部分は取り除きましょう。

    葉が水に浸かると水中のバクテリアの繁殖を促進し、花持ちが悪くなります。

  6. できるだけ涼しく風の当らない場所に飾りましょう。

    直射日光やエアコンの風、暖房機の温風は切花を乾燥させてしまいます。