本気で怖いメタボの話

樫田光夫 先生

このところメディアでメタボリック症候群の話題が取り上げられない日はありません。メタボリック症候群の先にはどんな病気が心配されるか、そしてどのように予防するのかなど、最近の話題を取り入れながら、「本気で怖いメタボの話」をテーマに専門家の立場から説明をしていただきます。

国立国際医療センター
循環器科 医長
樫田光夫 先生

第八章 メタボ検診で何が変わったか ~健康で長生きするために~

メタボ検診の受診率は目標を大きく下回った

メタボ検診がスタートし、1年がたちました(スタートは2008年4月)。メタボリックシンドロームという言葉は一般化しましたが、実際のメタボ検診の受診率は、芳しくありません。

メタボ検診は40歳から74歳までの人を対象にメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)かどうかを調べる特定健康・特定保健指導の通称です。メタボリックシンドローム該当者、または予備軍と判定された場合には、医師、保健師、管理栄養士などから保健指導を受けることが義務づけられました。

国は市町村国保について、2012年度の特定検診の受診率を65%、特定保健指導の実施率を45%とする目標を設定しました。これが達成できないと75歳以上の医療費(後期高齢者医療)の負担が最大10%増すことになっています。

このペナルティーがあるため、各自治体は必死になって受診率を上げようと努力していますが、現実には受診率の全国平均(2008年11月末時点)は28.8%にとどまっているのです(厚生労働省 第9回「健康日本21推進国民会議」資料)。

メタボリックシンドロームが進むと、糖尿病、心筋梗塞、脳卒中などの動脈硬化疾患、腎障害、神経障害などの重篤な疾患を引き起こします。これを防ぐ一番の対策は予防であり、そのためにメタボ検診をスタートさせたのです。特に日本人の場合、隠れ肥満というような、小太りでも容易に糖尿病になってしまう体質を持っているため、欧米よりも厳しい検査基準が課せられています。

厚生労働省が定めた腹囲の基準は男性85センチ、女性90センチです。詳しいメタボ検診の流れは第一章「メタボリック症候群の定義」で紹介していますが、これらの基準を超えた40歳以上の成人はメタボ指導を受け、予防を心がける必要があるということです。

しかし、前述のようにメタボ検診の受診率は目標を大きく下回っています。これらを上げるために、国、自治体、企業、医療機関が揃ってさまざまなPR活動をする必要があるでしょう。

医療機関に行かずとも、常にセルフチェックは欠かさずに

メタボリックシンドロームを解消するには生活習慣の改善が第一です。この連載でも何度も説明してきましたが、生活習慣の改善は大きく3つにわかれます。

1 食事に気をつける

腹八分目を心がける

塩分は1日6g未満に抑える

2 運動する

1日20分以上おこなう

毎日続ける

できるだけ昼間におこなう

3 嗜好の制限

喫煙は止める

アルコールは適量を守る

入浴はぬるめのお湯で

その上で、40歳以上の方は検診するだけでなく、可能なら自己チェックもするといいでしょう。血圧計と身長、体重、体脂肪率などを測定できる体重計を購入することをお勧めします。

家庭で血圧をはかる場合、精神的な緊張感が少ないため、医療機関ではかるよりも通常は低い値になります。家庭血圧の場合は収縮期血圧135mmHg以上、拡張期血圧85mmHg以上で、高血圧と診断します。

体重計はBMI指数を確かめ、ご自分の肥満度をチェックするのに利用しましょう。BMI指数は体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)で計算し、25以上を肥満としています。

医療機関に行かずとも、常にセルフチェックをおこなうことで、自分の健康状態を確認できますし、常に健康への意識を保つことができるのです。

年に1回は健康診断を受けましょう

メタボ検診がスタートして、来院する患者さんだけでなく、私の周囲で多くの人が肥満(メタボリックシンドローム)を気にするようになりました。その意味では、受診率が低くても意識は大きく変わったといえます。

ただ、人間は年を重ねるごとに体中にガタがくるようになります。肩こりや老眼など目に見える衰えだけでなく、血管などの臓器も同じことがいえます。50歳を超えるころになると多くの人が高血圧になっていきます。

注意すべきは、血圧、BMI指数、腹囲基準です。もちろん、日本には隠れ肥満も多く、この3つのチェックだけをしておけば、生涯健康というわけではありません。そのため、セルフチェックだけでなく、年に一回程度は地元の医療機関に行き、しっかりと健康診断を受けるようにしてください。

そして、国民全員がQOL(Quality of Life=生活の質)を向上させ、健康で長生きできる一生を送れることを、私たちは願っています。

(取材・島田 健弘)

次回より、新シリーズ「~心と体~ 知っておきたい心の健康」が始まります。

コラム一覧

お断り:健康アドバイスについてのご質問は、基本的に当社ではお答えしかねますのであらかじめご了承ください。