糖尿病編

山田信博 先生

健康を維持するためには、自分の生活習慣や年齢、体力などと向き合うことが大切です。ここでは第一線の専門家にわかりやすく説明していただきます。

筑波大学付属病院代謝内分泌内科
教授 山田信博 先生

第七章 怖いのは合併症 その3<動脈硬化>

糖尿病患者の動脈硬化のリスク

動脈の内壁に脂肪やコレステロールなどがたまり、血管がもろくなったり硬くなるのが動脈硬化です。糖尿病の人は高血糖で、その原因はインスリンの抵抗性にあります。インスリン作用が低下すると高脂血症になりやすく、高血圧の症状も出やすくなります。これはメタボリックシンドロームの典型的な状態で、動脈硬化のリスクファクターをいくつも持っていると言えるでしょう。また、高血糖は血液を固まりやすくさせます。こうしたことから、糖尿病は動脈硬化を早めると言われているのです。

気をつけたいのは、動脈硬化は糖尿病と診断されてから起こるのではないということです。糖尿病の予備軍と呼ばれている段階から動脈硬化はすでに進んでおり、糖尿病と診断された時にはかなり悪化しているケースが多く見られます。糖尿病の人は、非糖尿病の人に比べ、高脂血症も重症の部類に入ります。リスクが重なるだけでなく症状の程度も重いということも忘れてはいけないのです。

全身の臓器の機能低下を招く動脈硬化

糖尿病に起因するものに限らず、動脈硬化の症状として、心臓の動脈で起こる狭心症や心筋梗塞、脳の動脈で起こる脳卒中がよく知られています。なかでも糖尿病の人は、非糖尿病の人に比べ、こうした命に関わる深刻な病状を発症しやすいのが特徴です。その発症のしやすさは、一度発症した非糖尿病の人の再発リスクに近いとも言われています。また、一度は命を取り留めても、さらに再発する可能性が極めて高いのも糖尿病患者さんの特徴です。つまり、糖尿病の人は、すでに心筋梗塞や脳卒中を起こしている非糖尿病の人と同程度のリスクを負っているということなのです。また、糖尿病から神経障害が起こっている人は、胸が痛いなどの症状を感じにくく、軽い病気に見えてしまうことがあります。そこで放っておいてしまうと、さらにリスクが高くなるのです。

さらに、代謝疾患である糖尿病からくる動脈硬化は、心臓や脳といった特定の部位だけでなく全身で起こることを知っておく必要があります。心臓や脳に症状が現れたら、足や腎臓なども危険です。腎臓に血液を送る動脈である腎動脈で動脈硬化が起こると腎硬化症や腎不全の原因になります。また、下肢の動脈硬化が起こると、間歇性跛行になったり、壊疽の原因にもなります。リスクが重なり、症状の程度も重い糖尿病患者さんの場合、発症すると一気に多臓器不全に陥る可能性が高いのです。そうなってしまうと、当然、血圧のコントロールやリスク管理も難しくなり、悪循環に陥ってしまうので十分に気をつけたいところです。

動脈硬化の合併症

「軽症糖尿病」という言葉に惑わされない

糖尿病の人の動脈硬化は自覚症状があまりないにもかかわらず、ほとんどの糖尿病合併症の原因となり、心筋梗塞や脳卒中などを発症すると命に関わりかねません。だからこそ、予防が一番大事だといえます。地域や職域などで行われている検診にはしっかりと足を運び、身体の異常を早めに知ることが重要です。糖尿病診断のひとつの指標であるヘモグロビンA1cの数値が5以上であれば(5.8以上が糖尿病)、「まだ大丈夫」などと思わずに、必ず食事や運動などに気を遣うようにしてください。

さらに、医師の言葉に惑わされてしまわぬよう、注意が必要です。今も「軽症糖尿病」という言葉が使われていますが、糖尿病に軽いものはありません。ここで言われる軽症とは、早期糖尿病のことでいわゆる糖尿病予備軍です。たとえ自覚症状がなくても、生活習慣の改善を心がける必要があります。食事療法、運動療法、禁煙の努力、太っている人は体重を減らす努力など、日々の生活習慣の改善が糖尿病の発症を抑制します。こうしたことが、糖尿病にならないための絶対条件なのです。

(取材・子川 智)

お断り:健康アドバイスについてのご質問は、基本的に当社ではお答えしかねますのであらかじめご了承ください。